スパチャでライブ支援をしてみよう

スパチャ ライブ

コロナで様々なアーティストが配信を重視する中、Youtubeでの生配信も増えています。

そんな時に推しを支援できるスパチャ。
どうやって使えばいいのでしょうか?

スパチャって何?

スパチャとは、Youtubeの機能の一つ「Super Chat(スーパーチャット) 」のことです。

Youtubeのライブ配信画面にはチャットが表示され、Youtubeにログインしているとメッセージを投稿できます。

そのメッセージ投稿画面の下の方に「¥」マークがあり、そこを押すとSuper Chat と Super Stickers の投稿画面が出てきます。

そこから100円以上の金額を「投げ銭」することができます。

スパチャ付きのメッセージは金額に応じて色の帯がつき、金額が高いほどメッセージが残る時間が長くなります。

1万円以上だと帯の色が赤になって目立ちメッセージ表示時間も1時間を超え、「赤スパ」とも呼ばれます。


これを利用して、トーク系配信だと配信者にメッセージを読んでもらいたいために多めの金額を払う人もいます。

Vtuberでは特に一つの文化として確立したところもあり、トップのVtuberだと相当の金額を稼いでいる人もいます。

Super Stickers(スーパーステッカー)も同じようなもので、スパチャとの違いは「メッセージにGIFアニメのアイコンがつく」ことです。 

バンド系やダンスグループなどでも、配信ライブやトークライブ番組でスパチャを投げられるようにしているところがあります。


VAIO バイオ ノートパソコン VAIO SX12 ブラック VJS12290211B [12.5型 /intel Core i5 /SSD:256GB /メモリ:8GB /2020年1月モデル][12.5インチ office付き 新品 windows10]

スパチャの支払いはどうすればいい?

スパチャの支払いはクレジットカードか Paypalが基本です。
デビットカードも使えるので、未成年でクレカが使えない人はそちらにしても良いでしょう。

投げ銭されたお金は運営側の手数料を引いて、配信者に振り込まれます。

iTunesなどのスマホアプリ経由からもできないことはありません。

しかし、スマホのアプリからだとAppleやGoogleからの手数料も引かれてしまうため「配信者への利益を多くしたいならPCからの投稿が良い」と言われています。
そのため、実況のチャットはスマホでやって絵文字の拍手を出し、スパチャはパソコンでという人もいます。


最新 Apple MacBook Pro Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 256GB SSD) – シルバー

スパチャできる配信、できない配信

まず上記のように、基本的にライブ配信用とプレミア公開用の機能ですので普通の動画からはスパチャは送れません。
全体公開の配信でないと使えませんので、限定公開ではダメです。

また、配信側がスパチャ設定を切っている時も送れません。

スパチャをはじめとした収益化設定は、Youtube運営が定めたチャンネルの登録者数や再生回数をクリアしていないとできません。
なので、コロナ騒動以降慌ててYoutubeチャンネルを開設した駆け出しマイナーバンドだと登録者数が足りず使いたくても使えないことがあります。

スパチャはいくら課金すればいいの?

これは「無理のない範囲で」につきます。

スパチャ投稿画面のデフォルトは500円から(緑色)になっていますが、最低の100円からでも構いません。

上限もあり、1つのアカウントからは1ヶ月5万円までです。

人によっては「チケット代ぶん払いたい」と4,000円くらいポンと払っていく人もいますが、クレカの残高がきつかったりすればそこまで無理しなくてもいいです。
「ドリンク代です」と言って500円の人もいます(笑)

バンド系だとトークではなく演奏のみのライブ配信も多いので、必ずしも「スパチャで滞空してるメッセージを読んでくれる」とはならないことも多いです。

演奏中だとリアルタイムで読むことは難しいですしね。
ライブだとMC時間にスマホやタブレットの画面を見て「うわースパチャいっぱいありがとう」くらいだったりします(笑)

なのでミュージシャン系は「いくら課金するかは視聴者のお財布と気分次第」「見返りを求めない支援」という雰囲気がより強いです。

あまり専業Youtuber系やVtuber界隈の「スパチャってこうするもんでしょ」「赤スパ乱舞」とかの俗説を真に受けすぎなくていいです。
というかそちらでも、あまり高額なスパチャをしつこくするとかえってキモいと思われたりします。

気楽にできる範囲でやりましょう。

「スパチャ集まらなかったら心配だなあ」と思うのでしたら、視聴者数が集まればいいのですからライブ告知動画をSNSでシェアするなどして「こんないいバンドがあるんだよ」ということを知ってもらいましょう。
ライブ中に時々ツイ投稿するのも良いです。
そうすると気になって踏んでくれる人もいます。


初見でも軽くスパチャを投げてくれる人も案外いるものですし、海外から投げてくれる人もいます。
新規の方の少額スパチャでも、人数が多ければかなりの支援になります。


スパチャという直接的な形でなくても、みてくれて再生回数上げてくれるだけでも人の目に止まりやすくなりますから、十分バンド側の助けになります。


2021 Apple MacBook Pro (14インチ, 8コアCPUと14コアGPUを搭載したApple M1 Proチップ, 16GB RAM, 512GB SSD) – スペースグレイ

スパチャ以外の投げ銭があるの?

Youtubeの投げ銭は以上の通り、スパチャとスパステになります。

他社の配信サービスにも似たような投げ銭機能を設けたところがあります。

ZAIKOではチケット購入時の投げ銭と「STICKS」という機能があります。

ツイキャスでは「お茶爆」というのがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました