税込8000円以上のお買い上げで送料無料

家庭用プールで安全に遊ぶためには?

楽しい家庭用ビニールプールプール遊びも、これでいいのかな?と思う事は多々。

そんなときに気をつけておいたほうがいいことを書いてみました。

マンションでビニールプールってあり?

これは本当に難しい問題でよく論争になってますね〜。
集合住宅のベランダ等ででプールで遊ぶと、水の捨て場所とかお子様の歓声でご近所に迷惑じゃないか?ってのも気になる所。

大きなプールなら一戸建てじゃないとキツいかな?と思いますが小型プールはサイズ的には普通のベランダでも使えますから迷うところ。

マンションなどのベランダでビニールプールを使っていいかどうかは、結局の所その物件の規約、構造によります。
共有部分とみなされてそこで水遊びをするのは好ましくない、とされるところもありますし、バルコニーの丈夫さは物件によってかなりの幅がありますし、防水加工をしていないところもあります。

逆にルーフバルコニーなどで、ある程度大きなプールでも使える所もあります。


なので、プールをお買い上げ頂く前に、必ずお住まいのところの管理組合や不動産会社、大家さん等に
使っていいのかどうかを聞いてからにしましょう。

水の捨て場所、使い終わったプールを乾かす場所はどうすればいいのか確認をしっかりしておいてください。

そして遊んでいるときのお子様の歓声が迷惑にならないかどうか。

結局のところ、隣近所さんとの普段の関係や、お子様がしっかり躾けられているかということにつきますね。
これは一軒家の密集地などでも同じ事ですが…

プールを広げる前に気をつけること

最近のプールはしっかりしたのも多いですが、やはり大敵は石のごつごつ。
遊んでる途中でプール本体が傷つき、パンクしちゃったら悲しいですよね。

お庭にプールを広げるスペースが確保できたら、石はあらかじめ取り除ききれいにしてきましょう。


プールを広げる前に、シート等を下にしいておくとなおよいでしょう。
100円ショップで売っているようなマットや、ビニールシートでも十分です。

コンクリートやタイルの上に置くときも、シートを敷いた方が、プールが傷つくリスクを軽減出来て安心です。

お子様を安全にプールで遊ばせるためには

小学校高学年以上くらいでしたらある程度自分で安全確保も出来ますので少々目を話しても問題ないでしょうけど
小学校低学年くらいまでは、必ず親御さんが付き添って溺れないようにみてあげましょう。

ほんの2,30cmの水深でも溺れる事故は毎年起こりますので
子供用プールなどで親御さんが一緒に入れなくても、側にいて見守ってあげましょう。


小さなお子様をビニールプールで遊ばせるために

プール遊び中の体調管理

プールで遊んでいると汗は水の中に流れてしまってべたべた感がないので気づき難いですが
汗自体をかいていないわけではないので、猛暑の中だと知らず知らずのうちに汗で
体内のミネラルが流出することがあります。

家庭用プールであっても、時々は休憩して麦茶やミネラルウォーターなどを飲み、塩飴などでミネラルを補給しましょう。

プール遊びでも熱中症には注意

たばこはやめよう

煙草を吸いながらの利用は、煙草の熱部分があたると溶けてプールに穴があいてしまう場合もありえます。

なので、煙草はやめておきましょう。灰が水の中に落ちても汚いですしね。
どうしても吸いたい時はプールから距離を置いた場所にしましょう。

カートに入れる

商品一覧

楽しいプール遊びのために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」