税込8000円以上のお買い上げで送料無料

プールで熱中症は大丈夫?

熱中症というと、プール以外の、陸上での外遊びや激しいスポーツでなるものというイメージがあります。

でも、本当にプールの中なら熱中症にならないのでしょうか。
実はそんなことはないのです。

プール遊びでも熱中症になる!

水の中に居ればある程度冷やされて熱中症にならないのでは?と誤解されている方もおられるかもしれません。

しかし、水の中でも激しく運動すれば汗もかきます。
陸上よりは体温の急上昇が抑えられるとはいえ、屋外プールだと直射日光もきついです。

プールでも熱中症にならないことはありません。

プールの中でも汗はかく!

プールで遊んでいると、汗もプールの水の中に流れ出して行きますから、汗をかいていないように錯覚する場合もあります。

しかし、気温が高ければやはり水の中にいても汗はかくのです。

水中ですから多少体は冷やせますが、それを上回る外気温や運動量だとやはり地上での運動並みに汗をかきミネラルが流出します。

競技用プールで水泳部等の練習をしていると、特にたくさん汗はかきますから、ミネラルが抜けて行って熱中症を起こして搬送された例も実は少なくないのです。

家庭用ビニールプールなら激しく泳ぐ事はあまりありませんが、ついお子様がテンション高く遊んでいるうちに知らず知らずたくさん汗をかいていって、気がつけばミネラルが抜けて具合が悪くなるということはありえます。

なので、小さいお子様の水遊びのときも、時々は休憩させて塩飴などをなめさせたり、麦茶を飲ませたりしてミネラル補給につとめるとよいでしょう。

プールでも強い日差しを避けて

熱中症のもとになる汗のかきすぎによるミネラル不足も問題ですが、強い日差しだと焼けすぎて紫外線で皮膚にダメージがきたり、頭皮のやけどによる炎症にも繋がります。


プールにつかってまったり語り合いたい時は、麦わら帽子などを被ったり、特に頭の部分に日陰ができるように
パラソルなどを立てかけるとよいでしょう。

あまりにも日差しが強すぎる日ならば、日中は部屋の中で休み、日が落ち始めた頃にプールでのくつろぎタイムにするのもおすすめです。

また、お子様向けのプールのなかには屋根つきのものもあるので、心配ならばそういったものを使うと良いでしょう。

カートに入れる

商品一覧

楽しいプール遊びのために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」