税込8000円以上のお買い上げで送料無料

キャンプ場にビニールプールを使ってみよう

キャンプ場を運営していらっしゃるオーナーさんは、夏の間どのようにお客様に楽しんで頂いたらよいか考えておられることでしょう。

水遊びができる場所が近くにないと、暑い時期はつらいです。

お客様へのレンタル用品、遊びコーナーなどの備品としてプールをおいてみませんか。
キャンプ場

コストがかからないビニールプール

プールがあればいいなあとは思っても、工事をして大掛かりなジャグジーやプールを作るのはコスト的にキツいですよね。

「うちはそんなに高規格に出来ないなあ」とお悩みの方だと、プールを作るのには躊躇するでしょう。

そんなときにおすすめなのが家庭用ビニールプールです。

常設でないし、家庭用なら安く工事もいらずコストも抑えられます。

どんなキャンプ場にビニールプールは便利?

夏の間、キャンプ場の近くに泳げる渓流や海がある場所なら、まだお客様に暑さ解消の楽しみを味わっていただきやすいです。

しかし、海や川が近くにあっても水がキレイでなかったり水流がきつすぎて泳げなかったり、何も泳げる所がない立地だと暑さが厳しい環境の立地ではお客様が暑くて困るのではと心配になりますよね。

そんな立地のキャンプ場だと、涼んでいただくためにビニールプールのレンタル等を置くのはおすすめです。

また、水泳の出来る海や川が近くでも、台風の通過後などだと、水が濁っていたり流れが速くなったりして泳げないこともあります。
そうしたときに「水遊び出来ないならキャンセルする」という気を少しでもやわらげて頂くきっかけになるかも。

ファミリー客にベビープールをレンタル

小さいお子様をお連れの、ファミリー向けのキャンプ場ですとベビープールのレンタルも良いかもしれません。

ベビープールだと小さめですし、ゆとりのあるサイトなら十分に置けます。
水の始末などが難しいかな、と思うサイトの構造でしたら、遊び場スペースのみでお使い頂くのも良いでしょう。

大きめビニールプールも用意してみよう

近くの川が濁ったり水流が多くて泳げない環境の場合は、大人も入れる大きめのビニールプールを用意してもいいでしょう。
海が近くのキャンプ場でも泳げない環境の所も少なからずありますし、そうしたところにもおすすめ。

ビニールプールなら常設プールと違って、オフシーズンは仕舞っておけばいいので、冬期閉鎖のキャンプ場でも安心。
常設のプールをつくると冬の間の痛みや落ち葉の堆積などが心配ですしね。

カートに入れる

商品一覧

楽しいプール遊びのために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」