税込8000円以上のお買い上げで送料無料

家庭用プールの水道代

家庭でプールを使うと、気になるのが水道代。
大きめのプールだと、お風呂の浴槽以上の水を使ってるっぽいし…

いったいどのくらいかかるのでしょうか。
あまり料金はかかるなら、外部のプールに行った方が経済的なんじゃ?とお悩みの方も多いと思います。

だいたいどのくらいになるのでしょうか。
水道

家庭用プールに使う水の量

ビニールプールは円形や楕円形のものが多く、空気を入れたふくらみもあるので、内部に入る容量を正確に計算する事は難しいです。

とはいえ、実際に水道料金を計算するときもある程度は斬り捨てているので、然程厳密に計算する必要はなく、ごく大雑把で良いのです。

直径180cm×高さ60cmの、やや深いめの中型サイズプールだと容量は760Lちょっとになります。
一般の家庭用の浴槽だと200〜300Lの容量となりますので、中型の家庭用プールは普通のお風呂の2、3倍の量を使うと考えられます。

ベビープールだと直径は大きくて100cm、深さはせいぜい30cmまでですので、上記の例のプールの1/3程度、つまり普通の家の浴槽と同じか、やや少ないくらいになります。
つまり、ベビープールはお風呂に1回余計に入ったのと同じ事になりますね。

ベビープール通販

プールにかかる水道料金はいくらくらい?

水道料金は細かいところは自治体によっても違い、普段の生活で他に使うお水や水道の口径などといった要素にも左右されますので、これも上記同様、細かい計算を出すことは難しい面があります。
特に夏は麦茶やをたくさん作ったり、冷やし麺など茹で料理をしたり、他にも何かとお水を使う量が増えますしね。

なので、この場合ごく大雑把に考えても構いません。

お風呂の水道料金がだいたい1日100円前後と言われていますので、中型プールをお風呂の3倍、ベビープールをお風呂と同じと取りあえず考えればよいかと思います。

細かい計算は、各自治体の公式サイトなどにシュミレーターなどが設けてある場合もありますので、ご自宅の状況に合わせて数字を入れてみてください。

家庭用プールと外での水遊びとの損得

こう書くと、家庭用プールって意外とお金かかるのかな?と思ってしまいますが、トータルの損得ではどうなのでしょう。

外部のレジャープールだと、1回2,000円は飛ぶところもあります。
そのかわり大掛かりな遊具はありますが、遊園地などのレジャープールで郊外にあったりする場所だと、そこまでの交通費などもかかります。

また、海水浴や川で遊ぶのはタダのように思えますが、そこまで行く交通費やロッカー代がかかってしまいます。
日本海側でしたらクラゲが出るのでお盆前後で遊泳可能な期間は終了です。

公営のプールだと250円くらいのところもあります。
公営なら家庭用の大型プールとあんま変わらなくない?と思えますが、公営プールまで家が遠い人もいますし、定休日や改装などで開いていない日もあり、都合良いときに行けるとは限りません。

また、家庭用プールに浸かって遊んでいる間はお部屋のクーラーは使いませんから、そちらの電気代はかかっていません。

もちろん各家庭で細かい状況は違いますし、家庭用プールも毎日使う訳でもないでしょうから、どちらがお得かはそのおうちの状況にもよるでしょう。

ただ、こう考えて行くと家庭用プールが確実に経費的にお得になる状況のおうちというのは
・安い公営プールが徒歩圏内に無い
・近くに遊泳可能な海や川が無い、あっても日本海側などのように遊泳期間が短い

という環境の方になるでしょう。

日本海側の市街地や、山間の住宅地の方だと、このような環境の方は少なくないと思います。

カートに入れる

商品一覧

楽しいプール遊びのために

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」