税込8000円以上のお買い上げで送料無料

つい余りがちなそうめんをどうする?

おそうめんといえばギフトで何かと頂く事が多いもの。
乾麺ですしある程度日持ちはしますし、夏にはつるつるおいしいです。

しかし、あちこちから沢山貰いすぎてしまうとどうしても余ってしまいます。
どうやったら、飽きずに溜まったそうめんを美味しく食べきれるでしょうか?
img src="https://home-pool.net/men/img/adpDSC_9551.jpg"/ alt="そうめん">

そうめんに飽きてきたときは別の料理に!

ただそうめんを普通に茹で上げて冷やしておつゆにちょん、というだけではじきに飽きてしまいます。

そして夏が終わり涼しくなってくると冷やし麺を食べる気もあまりなくなります。

でも、おそうめんはただ茹でて、冷たいおつゆに浸すだけじゃない!
実は結構いろんなお料理に活用出来ちゃうんです。

そうめんの産地

では、そうめんを「茹でる」以外のアレンジしたお料理をご紹介しましょう。

ソーメンチャンプルー

沖縄風の炒め物「チャンプルー」。
野菜や豆腐などを混ぜて炒めるお料理です。

この炒めた野菜に茹で上げたそうめんを加えるのがソーメンチャンプルーです。

ソーメンチャンプルーに合わせる具材はお肉から野菜まで幅広く、無数ともいっていいアレンジバージョンが存在します。
味付けもだし汁を使ったり、胡麻油で香り良くしあげったりとバリエーション豊か。

中にはチャンプルーの味付けにめんつゆを使う人もいて、そうめんとともに中途半端に余りがちなめんつゆもきれいに使いきれます。

野菜も沖縄料理でおなじみのゴーヤをはじめ、キャベツやにんじん、玉ねぎ等多彩な野菜を合わせられますので、
冷蔵庫に中途半端に余った野菜の在庫一掃としてもに役立ちます。

野菜をたくさん食べられれば健康にもいいですよね。


そうめんは炒めるときに水をまた吸いますので、少し固めにゆでましょう。
また、にんじんやキャベツの芯の部分等、火の通るのに少し時間がかかる具材は麺をゆでるより先に炒めに入った方がいいです。

洋風のスープ仕立てに

そうめんは茹で上がるのが早いですから、洋風のスープに加えてもいいです。

極細パスタを使ったスープのように、長いまま入れてもいいですし、細かく折ったり砕いたりして入れるのもいいでしょう。
折ったりする場合は、茹でる前に加工しましょう。

コンソメスープやミネストローネなどに使えますので、イタリアンコース風味に仕立てるのにも便利。

お好み焼き具材に

量が中途半端に余った時は、お好み焼きの具として混ぜてみましょう。


多ければモダン焼きにちょっと近い感じになりますし、少なくても生地にもっちり感をプラスできます。


チヂミの具材に

キムチやニラが余っている時は、そうめんと合わせてチヂミっぽく仕上げてみましょう。

ごま油で焼くとそれらしい風味に仕上がります。

少量ならビールのおつまみにも合います。

そうめんを揚げてみよう

素麺を茹でないまま、油でぱりぱりに揚げてもいいでしょう。
パスタもショートパスタを揚げたりといった活用法がありますが、おそうめんも実は揚げるのに向いているのです。

ショートパスタの活用法

グリッシーニのようにおつまみとして頂くのもよいですし、あんかけや野菜、海鮮をかけて上海焼きそばのようにして頂いても美味しいです。
ぱりぱり砕いて焼きそば等のふりかけにも出来ます。

カートに入れる

商品一覧

麺類をおいしく食べるまめ知識

麺類豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」