ホステルで格安遠征しよう

ホステル 宿泊

「とにかくなんでもいいから安く泊まりたい!」という人の選択肢として便利なホステル。

ホステルとはどのような宿なのでしょうか?
ライブ遠征への使い方を解説します。

ホステルってどんな宿?

基本は、相部屋や簡易個室が中心の安いお宿です。

「ゲストハウス」「バックパッカーズホステル」「ドミトリー」などと呼び名はいろいろです。
最近は「ホステル」と名乗っている宿が多いので、この記事でも「ホステル」という名前で呼びます。

元々は外国人や若者の「バックパッカー」と呼ばれる格安旅行者向けに作られたものですが、最近は数も増えて多様化しています。

ホステルの設備の基本

ビジホなどの個室中心の宿と違い、相部屋が中心です。

そのため、お風呂やシャワーなどは宿泊者みんなで交代で使います。

共用設備はシャワーやトイレの他に、リビングルームなどが基本です。
個人の荷物はロッカーに入れます。

そのほかの設備は、宿によってあったりなかったりが大きく違います。

ホステルによっては洗濯機や自炊のできる共用キッチンを備えたところがあります。
最近はwi-fiを備えた宿も多くなってきています。

独立した専用の建物であることが多いシティホテルやビジホと違い、ビルの1フロアのみで営業しているところも多いです。
古民家の一軒家を使ったようなホステルもあります。

食事提供は全くないところも多いですが、中にはバーやカフェを併設して食事ができるホステルもあります。

ホステルの相部屋とは?

ドミトリーと呼ばれる相部屋が基本のホステルですが、これも宿によっていろいろです。

多いのは2段ベッドを並べたタイプ。
2段ベッドは市販のものだったり、壁に作りつけてあったりします。

カーテンがある2段ベッドでしたら、狭いですがその空間だけがプライベートの場所です。

作り付けの2段ベッドですと、新しいところでは中にコンセントがありスマホ充電できるところもあります。

中には、和室に布団を敷いて雑魚寝のところもあります。

基本は男女別ですが、宿によっては男女混合の相部屋(ミックスルーム)もあります。

ホステルの個室とは?

ドミトリーしかない宿もありますが、ドミトリーと個室が両方あるホステルも多くあります。

個室のクオリティや設備は宿によってかなりのバラツキがあり、TVがない簡素な狭い個室も多いです。
TVのある個室でも、トイレやシャワーは個室になく共用のものを使うことが多いです。


このような個室の場合、ビジホよりは便利さで落ちます。

ホステルはどこにあるの?

一昔前だと、とにかく沖縄にものすごく多かったです。
今でも多いですが、過当競争で入れ替わりが激しく潰れる宿が多いです。
沖縄のホステルに泊まりたいときは特に下調べはきちんとしておきましょう。

京都にも早くからホステルはあり、今でもかなり多い都市の一つです。

最近では東京や大阪、福岡やそのほかの地方都市にも新しいホステルが次々出てきています。

ライブ会場の近くですと、心斎橋にも結構増えました。

ホステルはどれくらい安いの?

宿によっても大きな差はありますが、ドミトリーはかなり安いです。

東京都心部で比較的新しいところでも、2,500円くらいからです。
高いドミトリーだと3,500円のところもあります。

那覇の長くやっている激安ホステルですと、ドミトリーは一泊1,500円を切るところもあります。

ホステルを遠征で使う時の注意

安くてライブ遠征には便利なホステルですが、ライブ遠征に使うにあたってはいくつか注意点があります。

門限に気をつけよう

ホステルは個人でやっている小さなところも多いですから、門限が設けられているところも結構あります。

平日のライブだと終演が遅くなることが多いので、会場から距離があると門限が23時より前というのは厳しいです。
門限があるかどうかはちゃんと確認しましょう。

未成年の利用可否

ビジホやシティホテルだと、未成年だけで泊まる時は大抵同意書さえあれば大丈夫なことが多いです。

しかし、ホステルは未成年の利用に厳しいところが多めです。

特にドミトリーは中学生以下のみでは泊まれないところもあります。

ですから、未成年だけで遠征したいときにはホステルの公式サイトはよく読みましょう。
公式サイトの「よくある質問」コーナーなどにも、未成年が泊まれるかどうか、何歳からOKなのかは書いてあったりします。

ホステル初心者におすすめな場所は?

設備などの差が宿ごとに大きいのがホステル。

ですから、ドミトリー利用が初めてという方はできるだけ新しいホステルを選ぶようにしましょう。
2010年代以降にできたところだと、設備も比較的新しいです。

宿が丸ごと女性専用ホステルや、女性専用フロアを設けた宿もありますので、女性1人の方はそちらを選ぶのがベターです。

まとめ

ホステルは格安で泊まれるメリットがあります。

一方で、宿による設備やルールの差も大きいので公式サイトはきちんと読みましょう。

共用設備や門限など、自分の遠征条件に合うかどうかは確認が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました