パーソナルトレーニングを受けてみよう〜大手ジム編〜

パーソナルトレーニング 体調管理

2020年は配信だけで終わってしまった人も多いライブ参戦ですが、年明けからボチボチと客入れのライブやツアーが復活するバンドも出てきます。

久々の現場で体力が不安な人、コロナ太りしてしまった人、体を鍛え直したい人にまずおすすめなのがパーソナルトレーニングです。
今回は大手チェーン系ジムのパーソナルトレーニングをどうやって活用すればいいかお話ししましょう。

大手チェーン系ジムでのパーソナルトレーニング

全国展開しているような大手チェーン系のジムの場合、パーソナルトレーニングは通常のレッスンやジム利用の基本料金にプラスしたオプション料金扱いで受けることになります。

各チェーンごとに様々なトレーニングコースがあり、時間は30分〜1時間が多いです。

料金は会社やコースで違いはありますが、概ね30分3000円台からです。

4〜8回などのまとまった回数をセットで申し込めるチェーンもあります。

パーソナルトレーニングを担当するためには、一定の社内資格や業界団体の資格が必要なチェーンが多いですので、各教室にいるインストラクター全員ができるわけではありません。

各教室ごとに対応できるトレーナーは教室の掲示板や公式サイトに張り出してあります。

大手チェーンならではのメリット

チェーン系の場合、パーソナルトレーニング専門のジムよりはお値段は割安です。

そして、トレーナーも人数が多くいるので自分にあった人をお馴染みになってから選ぶことができます。

万一トラブルになった時も上の方に対処してもらえますので、「信用できるパーソナルトレーニングが見つかるかどうかがわからない」という人にはおすすめです。

パーソナルトレーニングはいつ受ける?

できれば、ジムに通い始めて早いうちの方がおすすめです。

そうすることによって、適切なトレーニングに早く取りかかることができて、効率の良い運動ができるからです。

一通りレッスンに出てみて、教室の雰囲気や設備、どんな先生がいるかわかってきたら申し込んでみましょう。

どんなトレーニングをしてもらえばいい?

「運動を全くしたことがない」「運動部だったけどかなりブランクがある」「コロナ以降全然運動できてない」という人は、まず基礎的な体の動きのチェックをしてもらうといいでしょう。

自分の体のどこが硬いのか、どこの筋肉が弱いのかをきちんと見てもらうことが大事です。
一人で運動している時に、間違った体の使い方をしているところがあれば指摘してもらうことも重要。

その上で、自分の希望をトレーナーに伝えてみましょう。
よく相談した上で、これからのトレーニングの方法を組んでもらいましょう。

とにかく早く痩せたいのが第一か、なまった体を立て直したいのが先なのかによっても必要なトレーニングは違います。

ダイエットでしたら、食事指導をしてもらえることもあります。

暴れ系のライブに行っている人でしたら、全体的な体力の底上げと体幹強化を頼むのもおすすめです。

遠征ではどうしても重い荷物の持ち運びで足腰に負担がかかりますから、遠征先でもできる体のケア方法も聞ければ聞いた方がいいです。


マッサージガン 【2年品質保証】【7時間連続使用】【2500mAh大容量バッテリ】【2000-3200rpmの震動周波数】 全身ケア リラックス 筋膜リリースガン 健康 ストレッチ グッズ ナイポ 電動 プレゼント 女性 男性 誕生日 父の日

どんなトレーナーを指名したらいい?

大手チェーンの場合、パーソナルトレーニングは希望の先生をこちらから指名できることが多いです。

まずは自分の教室にいるパーソナルトレーニングの先生がそれぞれ何が得意かをよく確かめましょう。
公式HPにも書いてありますし、教室にも貼り出してあることが多いです。

トレーナーの紹介には、どのような資格を持っているのか、どのような分野が得意なのかが書いてありますので、自分がやってほしい範囲のトレーニングが得意そうな人を探しましょう。

そして、ある程度人柄が合う人の方がいいです。

これもジムに通い、いろんなレッスンを一通り受けたりしてみることで「この先生ならいい人だな、話しやすいな」というのがわかると思います。
レッスンを持っていない先生でも、ジムエリアを巡回していることがありますのでトレーニング機材の使い方を聞いたりしてみて、教えかたがあってそうな先生を選んでみましょう。

イントラさんの方にしても、顔なじみになった人の方がその人の性格に合わせたメニューを考えやすいです。

医療国家資格のトレーナーを指名しよう

全部の教室にいるわけではありませんが、大手チェーンのジムには時々医療系国家資格を持ったインストラクターさんもいます。

さすがに医師や歯科医師の人はほぼいませんが、理学療法士や柔道整復師の人は結構います。

専門学校や大学にトレーナーのコースを設けている学校もあるので、スポーツトレーニングと医学知識を両立している人は意外と多いです。
3〜4年の専門的な勉強と国家資格をクリアした人ですから、やはり信頼性があります。
中には、スポーツ大会の帯同の仕事や企業向けの健康指導をやっている人もいます。

理学療法士や柔道整復師、あん摩マッサージ師ですと筋肉と骨格にくわしいです。
鍼灸師や看護師の資格を持ったトレーナーさんがいる教室もあります。

特に腰痛を持っていたり膝が悪かったりする人、肩こりがひどい人の場合は特に医療資格保持のトレーナーさんがいればぜひ指名しましょう。

辛い部分をケアしつつ体力をつける方法も教えてもらうことができます。
暴れ系ライブで首や腰を痛めがちな人も、日常のケア方法を聞きましょう。

定評の高い整形外科系の病院や治療院に長く勤めていた人ならなお良いです。

看護師や栄養士の資格があるトレーナーさんでしたら、食事指導も受けておくと良いです。


管理栄養士がこっそり教える コンビニ飯で痩せ体質を作る食事術

コメント

タイトルとURLをコピーしました