高校生のライブ遠征はどうすればいい?

高校生 遠征いろいろ

「まだ高校生だけど泊まりでライブに行きたい」という人も多いと思います。
「高校生だけで泊まりがけできる?」などの疑問点について解説しましょう。

高校生だけでホテルに泊まれるの?

結論から言いますと、シティホテルやビジホなら大抵高校生だけで泊まることは可能です。
だって、ライブ遠征以外の受験旅行でも親がついて行かず、一人で泊まる人はたくさんいますからね。

ただし、高校生以下や18歳未満の場合、保護者の同意書が必要とされるホテルも結構多いです。

大手ビジホチェーンのアパホテルや東横インでも同意書がいります。

参考:東横イン公式の同意書テンプレPDF


ホテルの公式サイトに同意書テンプレートのPDFがあればそれをダウンロードして印刷、親に書いてもらいます。
テンプレートがなければホテル側に問い合わせて作りましょう。



このような同意書のいるホテルの場合、同意書がなければ親に連絡されたりします。
もしかして中には現場の人がいい加減で同意書をチェックしない場合もあるかもしれませんが、いつもそうとは限りませんのでそれはあてにしないほうがいいでしょう。

ホステル(ドミトリー)やカプセルホテルの場合は宿によって対応がかなり違ってきます
高校生以下一律でダメなところもありますし、「中学生以下はダメだけれど高校生はOK」なところも、同意書があれば大丈夫なこともあります。

いずれにせよ、まずは泊まりたいホテルの公式サイトを確認し、心配であれば電話して確認しましょう。

ただしラブホテルはたとえ同性でも高校生以下だけで泊まるのはダメです。
同意書の有無とか以前の決まりですので高校を卒業してからにしましょう。

ネットルームやネットカフェも条例で深夜の未成年入店お断りですので、高校生が宿泊するのはほとんどダメです。

彼氏と一緒に泊まるのはだめ?

高校生が一人で泊まったり、同性のきょうだいや友達同士で泊まるのなら問題のないホテルは多いです。

しかし、異性同士となると話は別です。

承諾書があっても未成年の異性同士で泊まるのはダメというホテルはあります。
ビジホチェーンでも、東横インは明確に「未成年者は異性と同室は禁止」の規則があります。

ラブホはもちろん、片方が未成年以下であればダメです。

こっそり隠れて遠征先で合流したとしても、バレると最悪つまみ出されたり親に連絡されます。
そうなると親同士も盛大に揉めますし怒られます。
恋人同士の遠征は両方とも高校を卒業してからにしましょう。

クレカ決済のホテルは泊まれる?

ビジネスホテルやホステルの一部には、予約の時にクレジットカード決済でないといけない宿もあります。

クレカは高校生では作れないのが基本ですから、こういう宿に高校生だけで泊まるのは事実上難しいと言えます。

チェーン系で言えばホステルの「BOOK AND BED TOKYO」がありますね。

高校生のうちは現金決済できるホテルを選びましょう。

交通機関は高校生だけで大丈夫?

新幹線でも飛行機でも、大抵の交通機関は高校生だけで乗っても心配はありません。

高速バスでも、大抵は年齢チェックがありません。

ただし、パックツアーになると高校生以下は保護者の同意書が要ることがほとんどです。
オフィシャツアーやFC旅行も旅行会社が入ってパックツアー企画になりますから、同意書は必要です。

また、夜行バスに乗る時は深夜の時間帯になりますので、乗車に向かう時補導されそうになる可能性もないとは言えません。
夜行バスに乗る時は無駄にうろうろせず、バスターミナルの中で待ちましょう。


早期割引は、飛行機の割引だとコンビニ決済もできますので高校生以下でも大丈夫です。
新幹線の早期割引はクレカ決済限定のところが多いので、高校生には使えない場合もあります。

高校生の遠征必需品は?

基本的に持ち物は普通の遠征と同じで構いません。

ただし、ホールクラス以上の大手で入場時に身分証確認がある所の場合要注意です。
厳しい高校や、16歳にまだなっていない1年生だと原付免許も取れないので運転免許書が使えません。
ライブによっては学生証が本人確認に使えないところもあるので、マイナンバーカードを必ず作って持参しましょう。

制服は着替えていこう!

親に同意書も書いてもらえたし、学校の休みも問題なく堂々遠征できる!というときでも、学校の制服で行くのはお勧めできません。

平日の休校日を利用して行く場合も、よその土地に行けば誰も「あの学校は今日は休み」ということは知りませんので、制服だと「高校生が学校をサボってる」と思われてしまいます。
通報され補導されそうになる可能性も高くなります。

また、学校の制服では入れてもらえない場所もあります。

ライブ会場では滅多に「制服入場禁止」はないですが、梅田Zeelaは制服入場が禁止です。

暇つぶし場所も大阪の有料メイクルーム「アンジェルブ」などのように学校の制服では入れてもらえない場所もあります。

ですから、遠征に行く前は制服は着替えて私服にしておきましょう。

海外遠征は行ける?

海外に高校生だけで行くのも不可能ではありません。

しかし、パスポートの申請や海外パックツアーにも親の署名が必要ですので、親に黙って行くことはできません。

海外は治安の悪さもありますので、余計心配をかけてしまいます。

国内遠征すら説得できないようでは厳しいと思います。
海外遠征は二の次にして、まずは国内遠征させてもらうことを先に考えた方がいいでしょう。

親を説得できないんだけど?

どうしても親御さんが泊まりの遠征に賛成してくれない場合もあります。
理由はそのご家庭により様々でしょうし、理不尽と思うこともあるでしょう。

しかし、高校生以下のうちはやはり「親に黙って遠征」というのは絶対お勧めできません

何かあった時に家に連絡されてバレてしまったらますます怒られますし、地元のライブすら禁止にされてしまったらどうにもなりません。
ちゃんと交渉して正々堂々と遠征する方が絶対いいです。

親に遠征を認めてもらうには

遠征に賛成してもらえない場合、まずは親御さんに粘り強く交渉してみましょう。

厳しい親御さん相手に、最初から「全通したい」「友達の●ちゃんも行くって言ってる」と主張するのはあまり得策とは言えません。

「うちはうち」で一蹴されてしまったら終わりです。

まずはどうしても行きたいライブ一点に絞って交渉したほうがいいでしょう。
最初は近い場所か、シンプルな道筋で行ける場所を選んで「ちゃんと安全に遠征できる」という実績を作ることから始めましょう。


仕事に厳しい親御さん相手なら、予算や交通機関の利用予定を細かく買いた遠征計画書をきちんと作って出してみましょう。


安全に気を配った計画を立て、「ホテルに着いたら連絡する」など定時連絡もします、といった方が安心してもらいやすいです。

宿泊先も、名の通ったブランドのビジネスホテルチェーンかシティホテルのほうが良いです。
特に女の子の一人遠征の場合は心配をかけますから、セキュリティのしっかりしたレディースプランをやっているホテルを選んだ方がいいでしょう。

予算の関係上、どうしてもドミトリーやカプセルにするときも女の子は女性専用を選んだ方が安心してもらえます。
公式サイトも見せて、安心できる宿であることを理解してもらいましょう。

そして、普段の生活態度や勉強も頑張る姿勢を見せるのも大切です。
特に高校生までは、学校の成績で示すのが一番アピールしやすいです。


定期テスト やれば得点できるワーク 数学I+A



「今度のテストで80点以上とる」「家事の分担をもっと引き受ける」「遠征先でもちゃんと勉強する」など「こちらも頑張って努力する」という交換条件も具体的に出しましょう。


親がどうしても認めてくれないんだけど?

それでもどうしてもダメな場合でも、無理に遠征を強行しないほうがいいと思います。

「親がついてくる」「お姉ちゃんについてきてもらう」という条件まで譲歩しても、厳しい親御さんだとダメと言われる場合もあるでしょう。

その場合は一旦引いて、テストの点数などの実績を取ってから再度交渉するか諦めるかということになります。

どうにもならず諦める時も、悲観的になりすぎないほうが良いです。

高校を卒業して一人暮らしになれば、バイトもできる幅が広くなります。
家庭教師など、少しお給料が良いバイトもできるようになり金の問題もある程度解消できます。

大学受験がすんなり合格したら認めてくれる場合もあるでしょう。

成人したら態度が軟化する親御さんもいますし、就職して自活するなら自由に遠征もできます。
どうしてもダメな時は残念ですが高校卒業まで待ちましょう。

まとめ

高校生なら、自分だけで遠征に行くことは十分可能です。

ただし、ホテルに親の同意書を持参しなければならないなど制限も多いです。

また、異性同士や制服での遠征もお勧めできません。

安全に気をつけた計画を立て、親御さんときちんと交渉して遠征しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました