3度目の緊急事態宣言でどうなる?

緊急事態宣言 遠征いろいろ

2021年4月25日から、5月11日まで緊急事態宣言が出ることが発表されました。
コロナ渦になってから3回目の緊急事態宣言となりますが、ライブにはどのような影響があるのでしょうか?

どの地域に適用される?

今回はまず大阪、東京、兵庫、京都に適用されました。
GW明けに愛知、福岡も追加で適用となりました。

もちろん、今後も追加で出る県がある可能性も大きいです。

1回目、2回目と何が違う?

今回の緊急事態宣言の特徴として

  • デパートやテーマパークに休業要請
  • 大型イベントの無観客要請
  • 酒提供自粛要請

と言うのがあります。

2回目の緊急事態宣言は飲食店の時短が中心でしたが、今回は首都圏や関西圏で映画館やテーマパークも軒並み営業休止となっています。

図書館や美術館でも休業のところが多いので、遊びに行く場所がないと言うことになります。

スポーツクラブも、該当地域の店舗を全面休業もしくは一部店舗休業にしているところが多いです。

大型の店舗にも休業が要請され、多くの店舗が休業となっています。
書店でも休業となるところがあり、デパートも週末休業などのところが多くあります。

V系専門店でも、リトルハーツやライカエジソンが休業になっており、インスト予定が中止になっているので公式をよく確認しておきましょう。


【即納】 阿蘇製薬 安心の日本製マスク 99%カットフィルター 高性能4層構造 デルガード プレミアムマスク ふつう 5枚入【4970883013410】

適用地域ではどう過ごせばいいの?

今回の措置はとにかく「感染拡大地域から外に遊びに出さない」ことを目的に様々な規制が行われています。

ですから、東京や大阪にお住いの方はライブ遠征や帰省もやめたほうがいいでしょう。

もちろん飲み会やランチ会は論外。
県をまたいで飲みに行ったりはもってのほかです。

実家やお友達とのおしゃべりはオンラインにしましょう。

家にこもってつまらないと思うでしょうが、配信切り替えのライブも多数ありますので、そちらで楽しみましょう。

通っているジムが休みの人は体が鈍らないように、オンラインレッスンやyoutubeの筋トレ系動画などをやってみるのもおすすめです。
体を動かすのはストレス解消にもなります。

資格試験の勉強をするのもいいですし、学生さんはいい機会だと思って勉強の予習復習をしましょう。

ライブにはどんな影響がある?

すでにまん延防止措置の適用で中止・延期・配信のみになったライブが多くある中、この流れはさらに加速すると思われます。

特に東京と大阪のライブは中止や配信のみになる可能性がとても高いので、公式の情報をチェックした上で早めにキャンセルなどの手続きをとりましょう。

中止にならなくても、お店が開いていないところも多いので東京大阪遠征はかなり難しいと思います。
職場などで「大阪や東京に行くのは禁止」と言われて行けなくなる人も多いと思います。

適用されない地域にも影響は皆無ではありません。
宮城で開催予定だったアラバキは1週間前を切って中止になってしまいました。
東京からの出入りが多い地域であることをかんがみ、千葉や神奈川でも中止になるライブが出ています。

JAPAN JAMやVIVA LA ROCKは決行の意向を示していますが、飲食可能エリアの設定やノリの制限など、厳しい規制が敷かれています。

東京や大阪からの行き来が多いと思われるイベントに風当たりが強くなることも予想されますので、「このイベントは大丈夫じゃね?」と安心しすぎないでおきましょう。

適用されていない地方の大都市、仙台や広島などにツアーを決行するバンドや歌手も少なくないですが、どの都市も感染者数の状況は油断できない数字です。


このような事態に対応し、「やっぱり行きたくない」と思う人向けに払い戻しに応じるバンドも多いと思われますので公式をよく見ておきましょう。

配信切り替えの場合は、チケットの扱いに関してもアナウンスがあるはずです。
客入れのチケットをそのまま配信チケット扱いにしてくれるバンドもあります。

航空機に関してはこれまでの実例からしてすんなり払い戻ししてくれると思います。

4回目の緊急事態宣言はあるの?

これは「ワクチンが出回るまで、きちんと各自対策しないと何度でも出る可能性がある」としか言いようがありません。

諸外国でも、何度もぶり返してはなんどもロックダウンになっている国は多いです。

今回の緊急事態宣言を招いた感染拡大の大きな原因の一つは、3月後半からの歓送迎会などの飲み会や路上飲み会と言われています。
そのため今回は適用地域での酒類販売に自粛が求められています。

「私はちゃんとしてるのにまたライブが中止になるのか」とお嘆きの方も多いと思います。

しかし、ちゃんとしていない人が1人でも多いとまた同じことの繰り返しになります。

早ければ7月〜9月には大量のワクチンが届く予定が発表され、高齢者以外の一般にも接種が始まると思われます。

参照:厚生労働省「コロナワクチンなび」首相官邸コロナワクチン情報twitter


接種開始すぐに収束とはいかないでしょうが、やはり「秋までは頑張って対策する」「会食は控える」「飲み会やおしゃべりはオンラインで」を心がけて過ごしましょう。


特に感染力が強いと言われる変異株は若者の感染例も少なくなく、40歳以下の重症者も増えています
「今まで飲み会でうつったことないから大丈夫」とは思わないようにしましょう。
次に飲み会をしたら変異株をもらって大変なことになる可能性も大いにあります。

自分がちゃんとしていても家族が飲み会に行ってしまいもらってくる場合もあります。

身近な人に「GWに帰省したがる」「飲み会に行きたがる」人がいれば全力で制止し、オンラインへの切り替えを勧めましょう。


2021 Apple iMac (24インチPro, 8コアCPUと7コアGPUを搭載したApple M1チップ, 8GB RAM, 256GB) – グリーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました